年代別に美白化粧品を選ぶ際はどんなところをポイントにしたらいいのでしょうか?

美白対策は肌環境に合わせて適切な方法を行っていく必要があります。美白化粧品の場合、シミやくすみの状態に合わせてしっかりケアできる製品を選ぶ必要がある一方、効果が高い製品ほど肌に負担がかかってしまう面があるため年齢に相応しいアイテムを選んでいくことが欠かせないのです。

20代後半からは美白効果よりも保湿対策が大切

年代別の美白化粧品

この年代別の美白化粧品の選び方に関してはいつから美白ケアをはじめるかによっても違ってきますが、20代後半ころからはじめる場合には美白成分による美白効果よりもまず肌環境の改善、とくに保湿効果を重視して製品を選んでいきましょう。

 

そもそもシミ・くすみの原因はこの時期からはじまる保湿成分の減少にあります。角質層に含まれているセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分が老化の影響もあって減少することでバリア機能が低下し、紫外線のダメージなどによってメラニン色素が生成されやすい状況になってしまうのです。

 

厄介なのはこうしたバリア機能の低下によるメラニン色素の増加はすぐに表面にあらわれるのではなく、角質層の奥からジワジワと進んでいくことです。

 

20代後半〜30代前半の段階で表面に問題が見られなくてもこの年代でのケア不足が後になって大きな影響を及ぼす恐れがあります。保湿対策で老化を防ぐことができる化粧品を選びましょう。

30代に入ったら本格的な美白対策を心がける

美白化粧品の選び方

30代に入ったらシミ・くすみの状況を見極めつつ本格的な美白対策を行っていくことになります。ここで配合されている美白成分の内容を詳しくチェックしていくことになります。

 

30代の美白化粧品選びのポイントは予防効果をしっかり行うことができるか、です。老化の影響でメラニン色素の生成量が増えていく時期のため、メラニン色素の生成をブロックできる美白成分を積極的に取り入れていきましょう。

 

なお、30代後半ころからシミの中でも特殊な部類に入る肝斑の症状が見られるようになります。このシミはトラネキサム酸でないと改善効果が期待できないなど対策上の注意点があるのでシミの状態を見極めながら美白化粧品や対策方法を決めていく必要もでてきます。

 

40代以降になるとシミ・くすみがかなり目立つようになるのでより高い効果が期待できる美白化粧品を使いたくなりますが、一方で老化の影響で肌が刺激に対して敏感になっています。

 

それだけに美白成分の効果だけにとらわれず、老化の原因となる活性酸素の抑制やターンオーバーの活性化などエイジングケア効果が期待できるかどうかを意識して美白化粧品を選んでいきましょう。美白ケアだけを集中して行うのではなく、エイジングケアの一環としてうまく組み入れていく工夫が求められます。

POLAの美白化粧品のおすすめは?口コミと効果で選んでみたら…