自分のシミの種類に合ったシミ対策を行おう!

シミにも種類がある?

シミくすみとひと口にいっても実際にはさまざまな種類があります。色や濃さ、できる範囲といった見た目の違いはもちろん、発生するメカニズムや対策方法にも違いが出てくるため、自分のシミくすみがどの種類なのかをしっかり把握したうえで適切な対策を行っていくことが大事です。

もっとも多いシミはメラニン色素の沈着によってできたもの

くすみの原因と対策

シミくすみの中でもっともポピュラーなのがメラニン色素の沈着によって生じるものです。シミの場合は老人性色素斑、くすみの場合はメラニンくすみと呼ばれており、どちらもメラニン色素の生成量が増加した結果皮膚に沈着を起こし、茶褐色のシミくすみができてしまいます。

 

おもな原因は紫外線によるダメージで、さらに乾燥によるバリア機能の低下や肌に負担をかける誤ったスキンケア、老化によるターンオーバーの乱れなども深く関わっています。もっともできやすいシミくすみでもあるので日々の生活の中で対策が求められます。

 

シミの場合には女性ホルモンが原因と考えられている肝斑という症状もあります。まだ詳しいメカニズムに関しては解明されていないことが多く、30代〜40代の女性に多く見られる、左右対称に薄い茶色のシミができるといった特徴があります。対策方法は美白成分のトラネキサム酸が効果的です。

老化や生活習慣の乱れでできる糖化も注目されている

くすみの原因と対策

くすみでは糖化がもたらすタイプが近年の研究によって注目を集めるようになっています。これは体内の余分な糖質がたんぱく質と結びつくことでAGEsと呼ばれる黄褐色の物質を作り出すメカニズムによって生じるもので、この物質が蓄積すると肌が広い範囲で黄色くくすんでいきます。老化のほか糖質の過剰摂取が大きな原因といわれており、スキンケアのみならず生活習慣の改善も求められます。

 

他にはニキビなどの炎症によって生じたダメージがシミになって残ってしまう炎症後色素沈着、高齢者によく見られるシミの部分がイボのように盛り上がる脂漏性角化症、くすみでは血行不良が原因で生じる種類などもあります。シミくすみが気になり始めたらまずはどのような症状なのか、日常生活で原因を抱えていないかよく確認してみるようにしましょう。

 

POLAの美白化粧品のおすすめは?口コミと効果で選んでみたら…

日焼けジミと肝斑の見分け方とは?

日焼けはシミの大きな原因です。紫外線を大量に浴びることで日焼けするわけですから、メラニン色素が大量に生成されたうえに活性酸素も活発になり、老化が進んでしまうのです。その結果メラニン色素が排出しきれずに色素沈着を起こしてシミになってしまいます。

日焼けジミは全身にできる可能性がある

シミの原因と対策

ターンオーバーが活発な若いうちはよいのですが、20代後半くらいからは日焼け・紫外線対策は欠かせません。

 

そんな日焼けジミと間違えられやすいのが肝斑です。この2つは外見上似ている面もあるからです。とくにシミの境界線が不鮮明な状態で広がっている点は間違えられやすいポイントといえます。問題なのは肝斑は紫外線対策をしっかり行っていても発生する可能性があること、そして対策方法にも違いがあることです。

 

日焼けジミだとばかり思っていろいろとスキンケア対策を行っていたものの、じつは肝斑で一向に効果が得られない、などといったケースも考えられます。日焼けジミと肝斑の見分け方はなかなか難しいのですが、いくつかの点でポイントがあります。

 

日焼けジミは当然日に焼けた部分に発生しますから、全身にできる可能性があります

肝斑は左右対称にできることが多く色が変化する

シミの原因と対策

一方肝斑は発生する部分がある程度限定されているほか、日常生活との関わりが深いといった特徴があるのです。最大の特徴は左右対称に出来ることが多いこと。頬や額、口の周辺などに左右対象にセットのような感じでできることが多いのです。一方、目の周りにはできない点も大きな特徴です。また頬の場合にはシミがかなり大きく、広範囲にわたってできます。

 

もうひとつの大きな特徴は色が変化すること。基本的には薄い褐色をしているのですが、季節や体調の変化によって色が濃くなることもあります。とくに疲労やストレスが蓄積している時、女性ホルモンのバランスが崩れている時、ピルを服用した時などに濃くなる傾向が見られます。

 

そしてハイドロキノンに代表される美白化粧品は肝斑には効果がないこと。これらの特徴を踏まえておけば日焼けジミと肝斑をかなりの精度で見分けていくことができるはずです。

シミ予防は洗顔から

シミやくすみといったトラブルを避けるためには肌に優しいスキンケアが大前提となります。いくら効果なスキンケア製品を使って一生懸命ケアをしても肌に刺激と負担をもたらすような方法ではかえって逆効果です。

シミ予防の洗顔では過剰な洗浄に注意

シミの原因と対策

そんな肌に優しいスキンケアの土台となるのが洗顔です。この土台がうまくできていないばかりにトラブルが起こりやすい肌環境を作ってしまっているケースも少なくないのです。まず気をつけたいのが過剰な洗浄。汚れや皮脂をしっかりと落とさなければと一生懸命洗っている方も多いはずです。

 

しかしそれが摩擦や洗顔料による刺激にって肌にダメージを与えてしまっている恐れがあります。とくに指で擦って洗っている方は要注意。

 

また洗顔後にツッパリ感がある方は洗顔料が肌に合っていない可能性もあります。刺激が強く、必要な分の皮脂までも除去してしまう洗顔料を使っているとバリア機能が低下してしまい、紫外線などの外部からの刺激に対して敏感になります。その結果メラニン色素の生成量が増加し、シミやくすみができやすい状態をもたらしてしまうのです。

毛穴の詰まりが気になる時は粒子の細かい洗顔料がおすすめ

シミの原因と対策

こうした点を踏まえた上で肌に優しいスキンケアのポイントはよく泡立てることです。洗顔の基本は擦って落とすのではなく、泡の吸着力で汚れをかきだして落とす点にあります。指は泡を皮膚に当てるために軽く触れる程度でも十分です。洗顔料を使用する際には必ず事前によく泡立てておきましょう。

 

また、毛穴の詰まりが気になる方は粒子が細かい洗顔料を使用すると毛穴の奥にまで入り込んで汚れをかきだしてくれます。

 

そして最後に忘れてはならないのがすすぎ。洗顔には時間と手間をかけるのに最後のすすぎが不十分な方が少なくありません。朝洗面所で洗顔を行っている方はとくにその傾向が強く、せっかく落としたはずの汚れが肌に残ってしまうだけでなく、洗顔料に含まれる洗浄成分が残ることで不要な刺激と負担をもたらしてしまいかねません。すすぎも十分に時間をかけ、その際にも摩擦で刺激しないように気をつけるようにしましょう。

 

シミくすみを予防・改善する対策は?

シミくすみを予防・改善するためには何よりも肌環境そのものを改善することが第一です。肌環境の悪化が深く関わっていることが多く、しかもそこには老化による衰えも絡んでいるのでエイジングケアも含めた幅広いケアが求められます。

シミくすみには美白成分が配合された化粧品を使用すること

シミの原因と対策

まずシミくすみの最大限の原因となるメラニン色素の対策を行っていきましょう。もっとも直接的な効果が期待できるのは美白成分が配合された美白化粧品を使用することです。アルブチンやトラネキサム酸といったメラニン色素の生成を抑制する美白成分を使用することでシミくすみの原因を根本から防ぐことができます。

 

また、ハイドロキノンやビタミンC誘導体のように沈着を起こしたメラニン色素を薄くする効果を備えた美白成分ならすでにできてしまったシミくすみの改善にも役立ちます。ただし、美白化粧品は効果が強ければ強いほど肌への刺激も大きくなる傾向があるので注意したいところです。

 

本格的にシミくすみの予防・改善を目指していく場合には美白化粧品だけに頼らない対策が必要です。メラニン色素の沈着を防ぐためには肌にできるだけ刺激を与えないこと、そして生成された分がターンオーバーでしっかりと排出される環境を維持することです。

日ごろから紫外線対策することが大切

シミの原因と対策

刺激を与えないためには日ごろから日焼け止めやUVカット効果を備えた化粧品で紫外線対策を行うことが第一です。日差しが強い日は帽子やサングラス、ロング丈の手袋などで直接日光をさえぎる対策も行ってみましょう。また乾燥が進んでいる方は保湿によるバリア機能の改善も欠かせません。

 

メラニン色素を排出させるためのターンオーバーの活性化に関してはEGFやプラセンタエキスといった有効成分が役立つほか、睡眠環境の改善やアミノ酸、ビタミンB群を食事・サプリメントで摂取していくといった対策も重要です。

 

乾燥やターンオーバーの乱れは老化によって進行していきますから、30代を過ぎたら老化を防ぐためのエイジングケアもしっかりと行っていきましょう。シミくすみはできるだけ早い段階で対策を行えば行うほど高い効果が期待できますから、少しでも兆しが見られたら早め早めのケアを心がけましょう。

 

POLAの美白化粧品のおすすめは?口コミと効果で選んでみたら…