UVカット化粧品と日焼け止めはどちらが効果が高い?

紫外線対策は美白対策のみならずスキンケア対策の基本中の基本といえるものです。

UVカット化粧品と日焼け止めのどちらにも同じ数値を使うので同じように思えるが…

UVカット化粧品と日焼け止め

紫外線はシミ・くすみの原因となるだけでなく活性酸素を増加させることで老化の原因となり、さらに真皮層のコラーゲンを破壊することでシワやたるみの原因ともなります。

 

それだけに日ごろから紫外線のダメージを抑えるための対策をしっかり行っていかなければなりません。

 

その選択肢となるのがUVカット化粧品と日焼け止めです。

 

これらのアイテムで紫外線から肌を保護し、ダメージが角質層の奥深くにまで達しないよう心がけるわけですが、ではUVカット化粧品と日焼け止めのどちらを使用すればよいのでしょうか、どちらの方が効果が高いのでしょうか。

 

この点は肌の相性や負担もよく考慮したうえで選んでいく必要があります。

 

普通に考えるとUVカット効果を備えた美容液や乳液があるのならわざわざ日焼け止めを使用しなくてもよいことになります。

 

とくに乾燥肌・敏感肌の方はスキンケア製品を塗布する際の摩擦の刺激が大きな問題となりますから、それを軽減するためにも他のアイテムと併用して紫外線対策ができるのなら理想的といえるわけです。

 

しかもUVカット効果は「SPF」や「PA」といった数値で表されており、UVカット化粧品も日焼け止めもこれらの数値で比較することが多いため、数値が同じならわざわざ日焼け止めを使用せずにUVカット化粧品で済ませたほうがよいと考えがちです。

紫外線が強い日は日焼け止め、ちょっとした外出などはUVカット化粧品が向いている

UVカット化粧品と日焼け止め

しかし実際にはそれだけで済ませるわけにはいかないさまざまな面があります。

 

まず使用する量。SPFやPAが同じでも使用する量によって効果に大きな差が出てきます。

 

実際のところUVカット化粧品を使用している人は日焼け止めを使用している人よりも紫外線対策に必要な量を十分に使用していないといいます。適切な量のわずか4分の1程度との意見もあります。

 

またどのような形でUVカットをするのかも大事です。

 

UVカット化粧品の中には肌に負担をかける恐れがある紫外線吸収剤を使用しているものが多く、摩擦による刺激を避けようと使いながらもかえって負担を大きくしている可能性もあります。

 

こうした問題から紫外線が強い日に効果の高い紫外線対策を行う場合には日焼け止めの方が適しています

 

一方ちょっとした外出などの際には手軽にできるUVカット化粧品の方が向いている面もあるのです。

POLAの美白化粧品のおすすめは?口コミと効果で選んでみたら…