美白化粧品の季節毎の使い分け方

スキンケア製品は季節によって使い分けた方がよいとよく言われます。

夏場は紫外線の量が多くなるので紫外線対策を重視したい

美白化粧品の季節毎の使い分け方

とくに保湿化粧品は皮脂の分泌量が多く脂っぽくなりやすい夏場と空気が乾燥する冬場で適切に使い分けないと十分にケアができなくなるといわれます。

 

では美白化粧品についてはどうでしょうか。

 

保湿化粧品に比べるとそれほど神経質になる必要はありませんが、肌環境の変化がそのままシミ・くすみができやすい環境にそのまま直結するだけにやはり季節ごとの使い分けは必要です。

 

大事なのは美白成分による美白効果だけでなく、肌環境の改善・維持を含めた広い視野で使い分けていく点です。

 

美白効果そのものよりも紫外線対策効果やバリア機能の改善効果に着目して季節ごとに使い分けていくことが重要です。

 

たとえば夏場は紫外線の量が多くなりますから、メラニン色素の生成をできるだけ少なくするためにも紫外線対策を重点的に行っていく必要があります。

 

美白化粧品だけでなく日焼け止め、UVカット化粧品を夏仕様に切り替えましょう。

冬場は保湿対策をはじめとした肌環境そのものの維持や改善を行う

美白化粧品の季節毎の使い分け方

逆に冬場は空気が乾燥することで肌の乾燥とバリア機能が低下し、さまざまな刺激によってメラニン色素が増加しやすくなりますし、ターンオーバーの低下を引き起こします。

 

そのため保湿対策をはじめとした肌環境そのものの維持・改善も美白対策の一環としてしっかり行っていく必要があるのです。

 

ですからシミ・くすみの悩みが気になる方は美白化粧品だけに留まらずスキンケア製品全般を季節ごとにうまく使い分けていく工夫が求められます。

 

そのうえで美白化粧品そのものの使い分けを心がけましょう。

 

例えばメラニン色素が増加しやすい夏場は生成を抑制する高い効果が求められますし、冬場に還元作用を備えた美白化粧品を使用すればすでにできてしまったシミ・くすみの改善に役立てることができるでしょう。

 

このように、美白化粧品を季節によって使い分けるというよりは季節に合わせたスキンケア環境が求められるといった方が適切です。

 

シミ・くすみに悩まされている方は肌環境そのものが悪化していますから、広い視野で季節ごとの美白対策を心がけましょう。

POLAの美白化粧品のおすすめは?口コミと効果で選んでみたら…