SPFとPAの数値の見方

日焼け止め、あるいはUVカット効果を備えた化粧品を使用する場合にはどの程度紫外線を防ぐことができるのかをしっかりと確認したうえで適切な製品を選ぶ必要があります。

「SPF」はシミやくすみ、「PA」はシワやたるみの原因となる紫外線の種類

SPFとPAの数値の見方

そんな紫外線カットの効果を調べる目安となるのが「SPF」と「PA」です。

 

この2つの数値の違いはどの種類の紫外線をカットするかの基準にあります。

 

地上に届く紫外線にはUVAとUVBの2種類がありますが、SPFは後者のUVBを防ぐレベルを表われしているのに対し、PAは前者のUVAを防ぐ効果を表しています。

 

UVBはおもにシミやくすみ、PAはシワやたるみの原因となるので目的に合わせてどちらの数値を重視するかを決めることになります。

 

紫外線をカットするレベルに関してはSPFは「SPF30」のように数字で表現されるのに対し、PAは「PA++」のように「+」の記号で表現されます。

 

いずれも高いほうが紫外線をカットする効果に優れています。

 

ですからSPFにしろPAにしろ数字が高いほど効果的で、日差しが強い日や長時間外で過ごす場合にはできるだけ紫外線をしっかりとカットできる日焼け止めを使用することが大事なのです。

数値が高いほど肌への負担も大きいのでケースバイケースで使い分けたい

SPFとPAの数値の見方

なおSPFの数字は紫外線によって日焼けを起こしてしまうまでの時間を延ばすことができる(30なら30倍遅らせる)ことを示すもの、PAの「+」はひとつだと「効果がある」、2つだと「かなり効果がある」、3つだと「非常に効果がある」、4つだと「極めて高い効果がある」ことを示しています。

 

このように、数字が高いほど効果的なのは間違いないのですが、ひとつだけ注意点があります。

 

それは効果が高い日焼け止めほど肌への刺激が強くなること。

 

ですから「効果が高ければ安心」と日差しがそれほど強くない日に数字が高い日焼け止めを使用してしまうと紫外線カット効果のメリットよりも肌に負担をかけるデメリットの方が大きくなってしまう恐れがあるのです。

 

そのため刺激をできるだけ避けながら紫外線対策を行っていくうえでも高ければよいではなく、ケースバイケースで適した製品を使用することが大事なのです。

 

ちょっとした外出用、長時間の外出用の2種類、さらにレジャー用を使い分けるのがおすすめです。

POLAの美白化粧品のおすすめは?口コミと効果で選んでみたら…