混合肌が美白化粧品を選ぶ時に気を付けたいポイントは?

混合肌がシミ・くすみの対策のために美白化粧品を選ぶ場合にはひとつのアイテムだけにこだわらない方がよいかもしれません。乾燥しやすい口元や目元と脂っぽいTゾーンでは肌の状態が異なるため、ひとつの美白化粧品では十分なケアが行えない可能性があるからです。

混合肌の人は部分ごとに違う美白アイテムを利用するのがおすすめ

POLA美白化粧品おすすめ

かつて美白ケアといえば美容液で行うもので美白化粧品も美白美容液ばかりでした。

 

しかし現在では需要の高まりや技術の進歩もあって化粧水やクリームなどでも美白対策を行っていけるようになっています。ですから美容液だけにこだわらず、幅広い視野に基づいて混合肌がもっとも効果的に美白ケアを行っていける環境づくりが必要になってきます

 

たとえば乾燥しやすい目元、口元の場合、保湿ケアと美白ケアをうまく両立していくことが求められます。しかもどちらも皮脂の分泌量が少ないため表皮の油分が不足していることから水分を抱え込むのが難しく、せっかく補った水分と有効成分が蒸発して失われやすくなっています。

 

ですから乾燥している部分には美白クリームで保湿成分と美白成分を浸透させつつ、表皮に油分のフタをして効果を長持ちさせる対策が有効です。口元・目元がカサつきやすいという方はまず美白クリームを探してみましょう。

 

一方脂っぽくなりやすいTゾーンは化粧水と美容液でのケアが重要です。その際には美容液で美白ケアを行いつつ、化粧水では肌を整えて皮脂の分泌量を抑制する対策を行っていく工夫が求められます

混合肌の人が顔全体に同じ美白化粧品を利用するときは低刺激な美白成分入りを選ぶ

POLA美白化粧品おすすめ

化粧水でビタミンCやビタミンB2、B6など皮脂の分泌量を抑える働きを持つ成分を補いつつ、美容液で美白成分を補えば浸透性をアップさせることもできます。

 

美白化粧水で美容成分を補うのもよいですが、これを乾燥している部分に使用すると肌に負担をかけてしまう恐れがあるので気をつけましょう。

 

つまり、乾燥している部分にはクリームで油分を補い、脂っぽい部分には皮脂の分泌量を抑えながら美白成分をしっかりと浸透させる。

 

こうした環境を確保できるかどうかが混合肌の美白対策のポイントです。少しお金がかかってしまいますが、目元・口元用に美白クリームやTゾーン用の化粧水を用意してうまく使い分けていくといった工夫も選択肢に加えてみましょう。

 

あとは美白成分の種類。乾燥している部分と脂っぽい部分に同じ美容液を使用する場合にはできるだけ刺激が少ない、ビタミンCやプラセンタを配合した製品がオススメです。混合肌のケアでは手間を惜しまず、パーツごとの肌環境に配慮したケア環境を意識していくことが求められるでしょう。

POLAの美白化粧品のおすすめは?口コミと効果で選んでみたら…