脂性肌に向いている美白化粧品の選び方とは?

脂性肌は乾燥肌・敏感肌とは違い皮脂の分泌が活発なのでバリア機能は保たれています。ですから美白ケアを行う場合には効果を重視して美白成分を選んでもそれほど大きな問題はないでしょう。

脂性肌は肌トラブルのリスクが少ないと言えるがあらゆる美白化粧品でも使えるわけでないことに注意する

POLA美白化粧品おすすめ

バリア機能が低下している肌にハイドロキノンのような効果は高いけれども刺激も強い美白成分を使用してしまうと肌荒れなどのトラブルを抱えてしまうリスクが出てきますが、脂性肌ならそうしたリスクが少ないからです。

 

ハイドロキノン配合の美白化粧品を選ぶ場合には濃度に着目して選びましょう。

 

市販のハイドロキノン配合の化粧品には1〜5パーセント程度の濃度のものがありますが、脂性肌だからといって油断せず、最初はもっとも刺激の少ない1パーセントのものから選んで肌との相性を確認しながら使っていきましょう

 

脂性肌だからといってどんな美白成分でも大丈夫、というわけではないので要注意です。

 

この点ではひとつだけ注意したいのは炎症の問題です。脂性肌の方はニキビができやすいように余分な皮脂や角質をエサに雑菌が繁殖して炎症を起こしやすい状態になっています

 

少しでもこうした問題を抱えている場合にはハイドロキノン配合の製品は避け、ビタミンCやプラセンタなど低刺激な美白成分を使用した製品にしましょう。ただ脂性肌の場合は皮脂の分泌量が多い問題もうまく改善していく必要がやはり大事です。

脂性肌は皮脂量の調節をして美白成分が浸透できる肌環境にする

POLA美白化粧品おすすめ

皮脂や角質で毛穴が詰まっているとせっかくの有効成分も浸透しにくいですから、洗顔でしっかりと毛穴の汚れを除去するのはもちろん、ビタミンCやビタミンB2、B6といった皮脂の分泌量を調節する働きを持つ成分もうまく補っていきたいところです

 

一方、もともと肌が脂っぽい状態ですから、ベタつきやすいなど使い勝手の悪い製品は避けるべきです。

 

こうした点を考えると乳液、クリームよりも化粧水、美容液で美白対策を行っていく方が適しているといえます。とくに化粧水は先ほど触れたように皮脂の分泌量を抑える成分を補う手段としてうまく使っていきましょう。

 

必ずしも美白化粧水を選ぶ必要はありませんが、美白美容液が十分な効果を発揮できるような肌環境に整えることができるかどうかが最大のポイントとなります。

 

なお、脂性肌に悩まされている方はインナードライの状態に陥っていないかどうか確認しておくことも忘れないようにしましょう。表面は脂っぽくても角質層が乾燥していると美白成分の刺激が負担になってしまうこともあります。

 

こうした点を考慮し、美白だけでなく保湿ケアも視野に入れたうえで自分の肌に合った美白化粧品を選んでいきましょう。

POLAの美白化粧品のおすすめは?口コミと効果で選んでみたら…