敏感肌でも使える美白化粧品の選び方とは?

敏感肌が美白ケアを行う際には「そもそも使える美白化粧品があるのか」が大きなテーマとなります。美白化粧品はどうしても配合されている美白成分の影響で肌に刺激をもたらすものが多く、敏感肌には適さないことが多いからです。

敏感肌の中でもアレルギーを伴っている場合は低刺激化粧品でもトラブルを起こすことがある

POLA美白化粧品おすすめ

難しいのは使えるかどうかはあくまでひとりひとりの肌環境によって判断が異なる点です。敏感肌といってもどの程度バリア機能が低下しているか、肌にトラブルを抱えているかによって選択の基準は異なってきます。

 

また敏感肌にはアレルギーが伴っていることも多く、低刺激を売りにしている化粧品でも配合されている成分の中にアレルゲンがあればトラブルの原因となってしまいます

 

ですから最終的には実際に試してみたうえで自分で判断するしかないわけですが、そこに至るまでに知っておきたい、自分に合った化粧品を見つけるためのポイントもいくつかあります。

 

まず基本中の基本となるのはやはりできるだけ刺激の少ない美白成分が配合された製品から選ぶことです。敏感肌の方はハイドロキノン配合の製品は避けるべきでしょう。またアルブチンやトラネキサム酸といった成分も敏感肌の方には刺激が強いこともあるので要注意です。

 

現在低刺激をセールスポイントにして売られている美白化粧品にはビタミンCやプラセンタを美白成分として配合されているものが多く見られます。これらは美白成分としての効果は穏やかですが、美容成分としての効果に優れているうえに肌質に関係なく使用できるメリットを備えています。

敏感肌の人はどのアイテムで美白ケアを行うかで効果や刺激も異なってくる

POLA美白化粧品おすすめ

ビタミンCはすでに沈着を起こしてしまったシミを薄くする還元作用も備えているのでハイドロキノンの代わりとしてもお勧めです。

 

それからどのアイテムで美白対策を行っていくかも大事な点です。たとえば敏感肌の方は洗顔後に最初に使う化粧水で美白対策を行うのは肌への刺激が気になるのであまりオススメできません。

 

一方、クリームには適度な油分を補うことでバリア機能を高め、補った水分や有効成分が蒸発するのを防いでくれる働きがあります。敏感肌の美白化粧品選びではこのクリームでよいアイテムを見つけることができるかも大事なテーマとなりそうです。

 

あとは乾燥肌と同様保湿対策も併せて行っていけるかどうか。敏感肌の直接の原因となる角質層の乾燥を改善するためにもセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分をしっかりと補っていく必要があります

 

美白と保湿の両方ができる美白化粧品もありますし、化粧水では保湿、美容液、クリームで美白を行うといった役割分担も視野に入れた上で製品選びや環境づくりを行っていきましょう。

 

POLAの美白化粧品のおすすめは?口コミと効果で選んでみたら…