食事で美白ケアはできるのでしょうか?

美白ケアといえば美白化粧品の使用が真っ先に頭に浮かびますが、体の内部からのケアも効果的です。美白化粧品による対策は確かに直接的な効果が期待できますが、肌への負担が大きいという大きなデメリットがあります。美白成分は効果が高いほど肌への刺激が強くなりますし、もともとシミ・くすみができやすい肌はバリア機能が低下していることが多く刺激に敏感です。そうした点から肌に負担をかけずに続けられる体の内面からのケアは魅力的な選択肢でもあるのです。

たんぱく質やアミノ酸を摂り肌環境を改善することで美白が期待できる

美白化粧品の選び方

そんな内面からのケアの基本となるのが食事です。そもそも食生活が乱れていることで肌環境が低下してシミ・くすみができやすい状態になってしまっているケースも少なくないため、美白ケア以前の問題として肌トラブルを起こしにくい健康な肌作りを行っていくうえで食事は重要な対策方法となります。

 

美白ケアに焦点を絞ったうえで食事による対策を見てみましょう。これには2つのポイントがあります。先述したように肌環境そのものを改善するよう心がける点と、美白効果が期待できる成分をうまく補っていく点です。

 

前者に関しては健康な肌が作られる環境づくりに役立つ食材・成分をうまく補っていくのが第一です。

 

まず肌の材料となるたんぱく質とアミノ酸をしっかり摂取すること。とくにダイエット中で食事制限をしている場合どうしてもたんぱく質が不足がちになるので注意しましょう。また肉類ばかりで摂取するのではなく魚や大豆などからもうまく取り入れていける食生活が望まれます。

 

大豆は女性ホルモンのバランスの調節にも役立つので一石二鳥、肌荒れを起こしやすい方などは豆腐や納豆、味噌といった大豆製品を日々の食事に取り入れていきましょう。

 

それからビタミンB群。摂取したたんぱく質やアミノ酸を原材料に皮膚が作れていくのをサポートする働きがあります。これも肉類や大豆に多く含まれているほか、昆布、うなぎ、たらこ、海藻類などに豊富に含まれています。

ビタミンCやL-システインが含まれるフルーツも美白に働く

美白化粧品の選び方

美白効果が期待できる成分ではビタミンCがおススメです。万能の美容成分として知られるこの成分にはシミを予防するだけでなくすでにできてしまったシミを薄くする還元作用も備わっています。レモンをはじめとした柑橘類に含まれているのでうまく取り入れてみましょう。

 

それから蜂蜜や大豆などに含まれているL-システインざくろやベリー類に含まれているエラグ酸なども美白への効果が期待できる成分です。

 

もちろん、栄養バランスの取れた食生活が大前提ですが、それにプラスしてこうした成分を食事でうまく取り入れて内面から美白ケアを心がけてみましょう。

POLAの美白化粧品のおすすめは?口コミと効果で選んでみたら…