生まれつきの地黒もケアで美白になるのでしょうか?

もともと肌が浅黒い人もいるものです。地黒と呼ばれることが多く、子供のころは健康な証として扱われることが多いものですから、美容に意識をもちはじめる中学生ころから悩みの種になってしまうようになります。

地黒を美白ケアで白い状態にすることはできない

地黒の美白

この地黒は生まれつきのものですが、美白対策によって白い肌にすることができるのでしょうか?もしできるならこれから美白ケアをはじめよう、という方も多いはずです。ただこの点に関しては判断が難しい部分もあります。

 

結論から言えば地黒を美白ケアによって白い状態にすることはできません。地黒の方はもともとメラニン色素の生成量が活発な状態ですから、それを美白化粧品などで抑えることは難しいのです。確かに美白成分にはメラニン色素の生成をブロックする効果がありますが、地黒の肌を改善するほどの効果は期待できません。

 

この点は完全にシミ・くすみをブロックできる美白化粧品がまだ登場していないことからも容易に推測することができます。現在でも続々と新たな美白化粧品が登場しているのもメラニン色素が生成されるメカニズムに介入する効果が限定されており、現在でも研究によって改善が進められていることを意味しています。

 

例外としてはハイドロキノンを使用する方法が挙げられます。その強力な美白効果によって「肌の漂白剤」とも呼ばれているハイドロキノンにはメラニン色素の生成を抑制するだけでなく、すでに沈着を起こしたメラニン色素を薄くする還元作用を備えています。

 

ですから地黒の肌にハイドロキノンを使い続けることによって白くしていくことも可能なのです。ただ、この方法は残念ながらおススメできません。ハイドロキノンは美白効果に優れている一方で肌への刺激が強いというデメリットも抱えています。地黒の方の肌全体を白くするためにどれだけハイドロキノンの刺激に晒さなければならないかを考えれば決しておススメできる方法ではないことは明らかです。

 

また、ハイドロキノンを使用し続けた結果、特定の部分だけ白くなってしまう「白斑」という副作用が見られることもあります。そのため地黒が肌を白くしようとハイドロキノンを使い続けても全体をムラなく白くすることはできません

メラニン色素の生成が活発な人は肌が丈夫な証拠

美白化粧品の選び方

このように美白ケアで地黒の人が肌を白くすることはできません。しかしだからといってがっかりする必要はそれほどありません。メラニン色素の生成が活発ということは肌が丈夫なことを意味しています。メラニン色素は刺激から皮膚を保護するために生成されるものですから、日焼けやスキンケアによるダメージに強く、健康な状態を維持しやすいので毎日のケアもしやすいメリットがあります。

 

美白ばかりに振り回されず自分の肌にメリットを生かしたおしゃれやスキンケアを心がけていきましょう。

POLAの美白化粧品のおすすめは?口コミと効果で選んでみたら…