美白ケアはどれくらいで効果が出るのでしょうか?また使い続けないと元に戻ってしまうのでしょうか?

シミ・くすみ対策ではじめた美白ケアはどれぐらい続ければ効果を実感することができるのでしょうか、シミ・くすみに悩まされている方にとってはできるだけ早く効果を得たいところですし、使い続けてもなかなか効果が実感できずにいると「本当にこの対策方法でいいのかな」と疑心暗鬼になってしまうものです。

ターンオーバーの周期が美白効果を疾患するまでの目安期間

美白効果の実感

美白ケアはどれぐらいで効果が出るのか、この点に関してはどうしても個人差が出てくるのではっきりとしたことはいえません。また対策方法によっても違いが出てきます。こうした点も踏まえた上で自分が日々行っている美白ケアの目安を見極めていくことになります。

 

まずひとつの目安となるのが28日です。ターンオーバーは通常28日周期といわれており、この期間の間に古い肌と新しい肌が入れ替わります。美白ケアとは簡単に言えばシミやくすみになってしまった古い肌を排出させ、新しく健康的な肌と入れ替えることですから、このターンオーバーの周期が効果を実感するまでの期間を知る上での大きな目安となります。

 

ただこの点には注釈も必要で、28日周期というのはあくまで健康な肌の状態の話、実際には肌環境の変化や老化の影響によって乱れが生じます。

 

そもそもシミ・くすみは老化現象の一環として見られるため、ほとんどのケースではターンオーバーの周期が遅れて28日以上かかってしまっている状況です。40代になると40日以上、50代にもなると50日以上と平均の周期が延びるため、実際には28日よりも長くかかると考えた方がよいでしょう。

 

また、美白ケアではこうした老化によるターンオーバーの乱れをエイジングケアによってできるだけ短縮していくことも重要な鍵となります。

美白ケアをやめてしまうと老化が進み地シミができやすい環境になる

美白化粧品の選び方

美白ケアの方法による違いではどのような美白成分を使用しているかも大きなポイントです。たとえばハイドロキノン配合の美白化粧品を使用している場合、この成分による強力な美白作用によってより早く効果が実感できる場合もあります。

 

一方ビタミンC誘導体やプラセンタエキスのように効果が緩やかな美白成分の場合はターンオーバーの周期2回分くらいの時間がかかることもあります。ただ効果が早い美白成分ほど肌への刺激も強いので時間だけにとらわれずあくまで自分の肌に合ったものを選んでいくことが大事です。

 

最後に美白ケアは続けないと元に戻ってしまうのか?老化と密接にかかわっているだけにケアをやめてしまうと老化が進んでシミやくすみができやすい環境になります。ですから美白ケアの効果が得られた場合でも完全にやめてしまうのではなく、エイジングケアで老化対策を続けるなど肌環境や年齢にふさわしいケアは続けていくようにしましょう。

POLAの美白化粧品のおすすめは?口コミと効果で選んでみたら…