ハイドロキノンってどんな肌質にも効果があるのでしょうか?

美白成分の代名詞ともいえるのがハイドロキノンです。ただその一方で評価が真っ二つに分かれる傾向もあり、扱いが難しい存在でもあります。

ハイドロキノンは肌の漂白剤と言われるほど美白効果が高い成分

ハイドロキノンと肌質

この成分はもともとイチゴやコーヒー、麦芽などに含まれている天然成分です。自然由来の素材から抽出されている成分なので安全性が高い印象もありますが、実際には取り扱いが非常に難しい面を持ち合わせているのです。この点は長く医療用としての使用しか認可されておらず、2001年の薬事法の改正でようやく化粧品への使用が可能になったことからも窺えます。

 

どうしてハイドロキノンは注意が必要とされ評価が分かれているのか、それは非常に優れた効果とそれにと背中合わせにある肌への負担が原因です。この成分は「肌の漂白剤」とも呼ばれており、非常に優れた美白効果を備えています。現時点でこの成分を上回る美白成分はなく、シミ・くすみ対策には最高の選択肢といってもよいのです。

 

しかもハイドロキノンには角質層に沈着を起こしてしまったメラニン色素を薄くする還元作用を備えています。大半の美白成分はメラニン色素の生成を抑制する予防効果に限定されるのに対し、この成分はシミを直接薄くすることができるのです。こうした点からもどんなシミにも効果が期待できる成分として評価できます。

ハイドロキノンは刺激が強いので敏感肌は注意が必要

美白化粧品の選び方

 

しかし一方で肌の刺激が強く、使用を誤ると肌荒れなどの副作用やトラブルを抱えてしまう点がマイナス評価となっています。乾燥肌や敏感肌など外部からの刺激に敏感な肌質の方が使用すると効果よりもデメリットの方が強く出てしまい、かえって肌環境を悪化させてしまう恐れがあるのです。

 

ですから、どんな肌質にも効果がある一方、どんな肌質にも適しているとはいえない部分もあるわけです。あくまでメリットだけを得られる環境が使用する必要がある、冒頭で扱いが難しいと書いたのもこれが理由です。

 

現在ハイドロキノンを配合した美白化粧品には濃度が記載されています。1〜5パーセントの範囲内で製品が売られており、濃度が高いほうが効果と刺激の両方が強くなります

 

ですから肌質に合わせて適切な濃度のものを選べば美白対策に有効に役立てていくことが可能です。基本的には最初は1パーセントの低い濃度から試してみて自分の肌質に問題なく使用できるかどうかを判断したうえでより高い効果を目指して濃度の高い製品を試していく、という形になります。

 

また使用した後にクリームなどでケアすることで刺激を和らげることもできますから、刺激に敏感な方はハイドロキノンと他の製品を組み合わせて活用法なども検討して試してみるとよいでしょう。

POLAの美白化粧品のおすすめは?口コミと効果で選んでみたら…