美白に効果的な成分とはどのようなものなのでしょうか?

美白対策を行っていくためにはシミ・くすみに直接アプローチして効果を発揮する成分を補うことが第一です。もちろん、そのほかにも保湿対策や抗酸化対策、ターンオーバーの活性化といった肌環境の改善も美白対策には欠かせませんが、すでにシミ・くすみができてしまっている方は美白効果がある成分を補っていかないと通常のスキンケアだけでは改善効果は見込めません。

予防として働く美白成分はアルブチン、トラネキサム酸、エラグ酸、プラセンタエキス

 

美白の成分

美白に効果的な成分を一般的に美白成分と呼んでいますが、その種類は多く、しかも効果や内容にも違いが見られます。ですから美白成分が配合されている美白化粧品を選ぶだけでは不十分で、どんな美白成分がどのような形で配合され、どれだけ効果が期待できるのかをしっかり把握したうえで判断することが必要になってきます。

 

美白成分としてもっとも広く知られているのはハイドロキノンです。ただ知名度が高い一方で近年では避けられる傾向も見られます。それはこの成分は非常に優れた美白効果を備えている一方で肌への刺激が強いというデメリットを抱えているからです。

 

効果に関しては次に述べる還元作用が大きなメリットとなっていますが、乾燥肌や敏感肌の方が使用すると肌荒れなどのトラブルを抱えてしまう可能性もあります。

 

美白成分には大きく分けて2つのタイプがあります。シミ・くすみの原因となるメラニン色素の生成を抑制する作用を備えたタイプと、それに加えて角質に沈着を起こしてしまったメラニン色素を薄くする作用(還元作用)も備えているタイプです。

 

前者は予防に、後者は改善に役立つと言い換えてもよいでしょう。美白化粧品の多くは前者に該当し、アルブチン、トラネキサム酸、エラグ酸、プラセンタエキスなどが該当します。

改善する美白成分はハイドロキノンとビタミンC誘導体

美白化粧品の選び方

一方後者に該当するのは先述したハイドロキノンとビタミンC誘導体のみです。ですからシミ・くすみを予防したいのか、すでにできてしまったシミを解消したいのか、目的によって選ぶ美白成分にも違いが出てくるわけです。

 

また美白成分は効果だけでなく肌への負担や刺激にも配慮が必要です。ハイドロキノンのリスクはすでに挙げましたが、乾燥肌や敏感肌に悩まされている方はできるだけ刺激の少ない美白成分を選ぶのがポイントとなります。

 

低刺激という点ではビタミンC誘導体、プラセンタエキス、エラグ酸などが適していますが、基本的に美白成分は刺激が少ないほど効果が緩やかになるため、肌との相性と自分が期待した美白効果が得られるかどうかのバランスをよく考慮したうえで選んでいく必要があります。

 

このあたりも美白化粧品選びを難しくしている理由ですが、美白成分以外の有効成分の効果などもよくチェックしたうえで自分にもっと適した美白化粧品を選んでいくよう心がけましょう。

POLAの美白化粧品のおすすめは?口コミと効果で選んでみたら…